カテゴリー
未分類

今回は感覚が敏感な人や逆に自分の感覚に鈍感な人におすすめしたい記憶法です。

今回は感覚が敏感な人や逆に自分の感覚に鈍感な人におすすめしたい記憶法です。

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚を使って覚える方法です。
五感記憶というやつですね。

【どんな時に使う?】
簡単な例として、料理の名前を覚えるときなどに使ってみてはいかがでしょうか。

例えば、「回鍋肉(ホイコーロー)」を覚えたいとします。

一番手っ取り早いのは実物を五感を使って味わうのがよいです。
それができない場合はネットなどで写真や味などの五感情報を入手してください。

まず、単純に五感にそって
・視覚:どんな盛り合わせなのか?食材は何が入っているのか?どんな色合いなのか
・味覚:味を一言で表現します。辛いのか、しょっぱいのか等
    その他、細かい食材の硬さなどの情報も少し追加します。
    あまり、情報が多いと記憶の妨げになる場合があるので注意してください。
・触覚:触ってみる。べたべたするのか、しっとりしているのか。
    触ったときの感情も意識してみる。
・嗅覚:どんな匂いがするのか?
    好きな匂いなのか?嫌いな匂いなのか?
・聴覚:調理中の音や食べているときの歯ごたえの音
    誰かと食べているならその時の会話やBGM等
についてどう感じるかのイメージを自分なりに広げます。

そして、「回鍋肉(ホイコーロー)」という言葉のイメージと
五感のイメージを結びつけます。
自分の印象や感情、気分をイメージに強く焼き付けてください。

1例ですが、自分が熱々の鍋の中に入り、「豚肉をホイホイと鍋の中で回って転がしている」
姿をイメージしてください。
そこに固いキャベツや甘辛い人参などが入ってぐつぐつ煮えている情景を想像します。

料理名だけではなく運動の記憶に使ってもよいです。
ただし、運動の場合は頭であれこれ考えるよりは純粋に体で覚えた方が上達しますが。。

例えば、ゴルフを記憶するときは、コースがどのように見えたか、そこにいてどのように感じたか、木々はどのような香りがしたか、プレイ中どんな音を聞いたか、などを記憶します。

五感ではありますが、全てを総動員させなくてもよいです。

替え歌で覚えるのが好きなら聴覚型です。
絵本で覚えるのが好きなら視覚型です。
自分が得意な感覚に特化して記憶してもよいです。

カテゴリー
未分類

多忙であっても、最優先で自分のやりたいことに没頭する時間を1日一時間確保しましょう。

多忙であっても、最優先で自分のやりたいことに没頭する時間を1日一時間確保しましょう。
自分の生活の中で時間を作れるところはないか振り返ってみましょう。
例えば私の場合は以下のようなところで時間を作ることができました。
・朝の出勤前の1時間
・通勤電車の中の1時間
・昼休みの30分
・退社後の1時間
・風呂上がりの就寝前の30分

人の時間を分けてもらう、人海戦術もあります。要するに人にやってもらうということです。

半端な時間には半端な用事を詰めこんでみましょう。
自分の生活を思い返してスキマ時間を探してみましょう。
例えば私の場合は以下のようなスキマ時間があります。
・駅から駅までがワンセットの勉強時間です。
・通勤時間は格好のリスニング空間
・食事時間も勉強できます。
・食事、通勤、通学、トイレ、風呂⇒「分散学習」に効果的です。
・電車のなか⇒守りの勉強に最適の場所です。
・入浴中の15分で頻出する単語を覚えましょう。
・寝入りの15分でテープ学習
・スキマ時間では、とりわけ「復習」をするといいです。
・五分間でもうまく利用するのが速学のコツです。
・移動する間の時間、人を待ったりする時間、トイレの時間も活用できないことはありません。

勉強する時間がないという人はスキマ時間を探して
まずは勉強を習慣化させましょう。
どんなに遅くなっても少しでも勉強する習慣をつけましょう。
スキマ時間で「1年・400時間」も確実にトクします。
ただし時間は「つくる」ことよりも、むしろ「能率」を意識しましょう。

3分、5分の時間に復習して、「記憶のメンテナンス」をはかりましょう。
ムダかムダでないかは別にして、計画を立て、一定の勉強量を確保するところから始めてはいかがでしょう。

カテゴリー
未分類

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。